ご当地グルメ♪

ポイントサイトのご当地検定の解答と関するご当地グルメを紹介しています♪

山形県などで食べられる「どんどん焼き」に普通使われるものは

山形県などで食べられる「どんどん焼き」に普通使われるものは?

参照:

↑こちらによると、山形県村山地方の「どんどん焼き」は、持ち運びが便利なように、薄く焼いた生地を割り箸に巻いているそうです。

昭和13年頃、大場亀吉がリヤカーで販売したのがはじまりだと言われているそうで、最初は1本の削った木の棒に巻き付けていたそうですが、後進たちには技術的に難しかったため、2本の棒、あるいは割り箸に巻付けるように変化したそうです。

また味付けも一般的だった醤油からソースへと変わっていったそうです。現在は、ソース味の海苔・魚肉ソーセージ入りのスタンダードなものから、具材にたまご、チーズを使うものや、味付けも梅肉、カレー風味など、そのバリエーションは豊富だそうです。

正解:「割りばし